読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強したくない

受験勉強、資格の勉強で悩んでいる「勉強したくない」人に向けた記事を書いていきます。

壁にぶち当たりました

 

 9月から勉強を始め、11月の終わりにさしかかった頃、初めて壁にぶち当たりました。まだその壁を乗り越えたというわけではありませんが、振り返りとして書いておきます。

 

 9月、10月、そして11月の第3週までは、僕は順調に勉強してました。授業時間も入れて1日平均7時間くらい。まあ税理士受験生は社会人も多いので、よく頑張っている方だったと思います。

 

 しかし、だんだん調子がおかしくなってきました。11月の第1週終わったくらいから、集中力の欠如が見られました。今まで大学受験でも大学のテスト週間でも、割と集中力はある方だったので、ちょっと違和感がありました。しかし、違和感を感じながらもそのまま毎日7時間勉強してました。その時は日商簿記2級が控えていたのもあって、休むわけにはいかないという感じでした。

 

 そして、日商簿記二級が終わった後のことです。見事に全くやる気が起きなくなってしまいました。というより、全く集中できなくなりました。今までも当然集中できないことは何度もありましたが、それとは比べ物にならないレベルでした。勉強しようと思っでも気づいたら他のことを頭の中で考えていて、全く手につきませんでした。

 

  こうなるともうどんどん余計なことを考え始めます。なんでこんなに辛いんだろう。そもそもこんなに頑張らないといけないのか?そもそもなんで生きないといけない?生きる目的ってなに?

 

 まあこんな感じですね。生きる意味に関してはこの時からずっと考え続けて未だに答えは出ていませんが。とにかくそんな考えが頭を支配して勉強は一切手につきませんでした。2週間くらいペンを持たない期間に突入しました。大学受験の時にはありえなかったことです。TACの講義はなんとか行こうと思いましたが、半分くらいは休みました。親のお金で通っているのに、とんでもないことですね。

 

とにかくこんな感じで、なんで頑張るんだろう、なんで生きるんだろうという感じでした。次回の記事では、何故こんな状態に陥ってしまっていたのか、自分なりの分析を書いていこうと思います。

 

ありがとうございました。