読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強したくない

受験勉強、資格の勉強で悩んでいる「勉強したくない」人に向けた記事を書いていきます。

定期テストは大事

こんにちは!管理人のHISAです。

今回のテーマは、定期テストは大事」です。

定期テストについていろいろ考えてみようと思います。

 

 

定期テストは大事

高校生とかだと、定期テストできなくても模試ができればいい」って考えてる人も結構いるんじゃないかと思います。

確かに一理あります。

僕もそうやって思ってました。

 

実際、定期テストがどれだけよくできても、それで学力が高いということにはなりません。

定期テストは、理解していなくても高い点が取れてもしまうテストです。

範囲があらかじめ定められてるので、丸暗記でも対応できたりするからです。

 

 

しかし、定期テストをしっかり勉強することで得られるメリットも沢山ある!

そんなことを最近は思うようになりました。

そのメリットについて紹介していこうと思います。

 

メリット1「短期間で詰め込む力を身に付けられる」

メリット一つ目は、「短期間で詰め込む力を身に付けられる」です。

 

短期間で詰め込むことについては、反対意見もあると思います。

「一夜漬けで得た知識なんてすぐ忘れるから意味ない」

「普段からコツコツ勉強することが大切だ」

 

こういう考えの方が一般的だと思います。

 

しかし僕としては、短期間詰め込み勉強を経験することはすごく大切だと思います。

 

理由としては、短期間で詰め込む力がある人は、長期的にみても高い学力を身に付けられるからです。

 

 

勉強している人は、一つの大きなゴールがあると思います。

中学生なら高校受験。

高校生なら大学受験。

税理士受験生なら税理士試験。

 

それぞれ最終的なゴールに向かって、勉強していると思います。

 

しかし、その長期的なゴールの達成には、日々の勉強の積み重ねしかありません。

 

つまり、最終目標の試験が半年後であろうが1年後であろうが、その土台となるのは日々の勉強の積み重ねです。

よって、一日の勉強できる量が多い人ほど、長期的に見ても高い学力に達することができます。

 

定期テスト前日に短期間で必死に詰め込む経験をしておけば、短期間で勉強できる量の最大値が増えます。

そして、長期的にも有利になることができます。

 

 

ってか一夜漬けはすぐ忘れるから意味ないって言いますけど、コツコツやっても別に忘れますよね笑

忘れるかどうかは復習するかどうかだと思います。

一夜漬けで詰め込んだ知識でも、復習すれば忘れないと思います。

 

 

メリット2「順位が上がればモチベーションも上がる」

二つ目のメリットは、「順位が上がればモチベーションもあがる」です。

 

確かに定期テストがいくらできても、模試や入試本番で通用する学力があるとは限りません

定期テストは前日のちょっとした取り組みの差で点数も大きく変わってしまいます。

 

 

しかし、そんな定期テストの順位でも、上がると嬉しくないですか?

勉強に対してちょっと前向きな気持ちになりませんか?

 

勉強においてモチベーションは最重要課題です。

「俺はやればできる」っていう人がいますが、やればできる人なんて死ぬほどたくさんいます。

 

でも勉強は苦痛が伴うから、勉強やること自体がとても大変。

 

そんな辛い勉強に対するモチベーションを、定期テストの順位はひきあげてくれます。

定期テストの順位なめてはいけません。

めっちゃ大事です。

 

 

メリット3「学力の土台になる」

メリットの3つ目は「学力の土台になる」です。

定期テストで勉強した内容は、当然自分の学力になります。

もちろん、じっくり時間をかけて理解した知識に比べたらよわいですが、それでもある程度は理解するし、ある程度は記憶に残ると思います。

 

 

いっかいでも勉強してあれば、次に勉強したときの吸収力は全然違います。

それが、学力の土台になります。

 

そもそも、普通の高校生は普段もあんまり勉強してないと思います。

進学校でも、割とそんな感じだと思います。

それなのに、定期テストでも勉強しなかったら、ほんとうにいつ勉強するの?って感じです。

 

 

まとめ

 

定期テストのメリット

「短期間で詰め込む力を身に付けられる」

「順位が上がればモチベーションも上がる」

「学力の土台になる」

 

定期テストから本気出したいですね。

お読みいただきありがとうございました。